砂場遊びの注意点

砂場の清掃殺菌
サンドクリーン


砂場から出た異物


ほのぼのギャラリー


砂場遊びの
注意点


会社概要


お問い合わせ

ホームに戻る

子供は砂場が好きだから

砂場は小さいお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、公園唯一みんなで楽しめる遊具です。だからこそ、より安全に楽しく遊ぶために、少しだけ気をつけておくといいな、という点を挙げてみました。・・・いえいえ、そんなに危険なことではありません。私たち作業員が作業中に『ちょっとなぁ〜。』と思うことを書いただけですから。


  • 表面がすでに汚れている。
    清掃前清掃後異物
    週1回は表面を清掃しているというこの砂場。「表面がやけにキラキラ光っているな。」と思ったら案の定、内部には割れたピン、ガラス破片、その他フンや石も多く出てきました。
    砂場で遊ぶ前に表面だけでもザッとチェックして下さい。(スミマセン・・・危険な例でした。)

  • 砂が極端に少なくなっている。
    砂不足の砂場砂場の底には水はけ用にネットや大きな石がひいてあります。砂が極端に少なくなるとそれらが露出してしまいます。酷い時には針金製のネットが切れてめくれ上がっていたりする場合もあり、手で遊ぶには危険です。「砂が少ないな。」と感じたら役所に相談して補充をしてもらうといいと思います。
    (←砂が約30cm足りていない砂場です。)

    当然、砂が少なくなると枠の高さが高くなりますのでつまずかないように気をつけて下さい。


  • 伸びすぎた枝やツルがある。
    ツルが伸びている砂場砂場の上にバーゴラがあり、ツル性の植物を植えてツルを絡ませ屋根にしている所があります。夏は日陰になってなってくれてよいのですが、伸びすぎると少し厄介です。
    ツルの先が目に入ったり、顔をひっかけたりしないように気をつけて下さい。私などは作業中、腕や道具を取られたり、首にひかかっていることもあります。
    子供と一緒にいるとつい子供に神経が行ってしてしまい、自分まで気が回らないこともあるかと思います。お母さん自身も気をつけて下さい。



  • 張り出した根がある。
    ここは公園・・・木はたくさんあります。砂場付近に木が植えられている場合、根が砂場に張り出して来ることがあります。結構太い根もあるし、上向きで突き出ていることもあるので、足をひっかけたり、転んだときに刺さったりしないように気をつけて下さい。ちなみに枝だと思って拾おうとしてもムダですよ。だってそれは根ですから。(^^;)

  • 日陰にある砂場・湿気のある砂場
    砂場のデーリーケア(?)で有効的なことの一つが『普段から遊ばれている。』ということです。
    つまり普段から砂場の内部まで掘り起こされ(転地返し)、酸素と日光にあたっているということです。もとから日陰にあったり、シードで覆われている砂場は湿気がこもり、日光に当たることもなく細菌が繁殖しやすい状態にあります。特に梅雨時は気温も細菌にとって最適になるので『匂い』も酷くなります。そのような砂場では当然遊ぶ人もいない・・・と悪循環です。
    もしそのような砂場で遊ぶことがあるようなら、手洗いをいつもより念入りにしましょう。私たちも使用頻度の少ない砂場でも遊んでもらえるように丁寧に清掃するよう心がけています。


  • 季節の変化に対応した服装を!
    季節、気温等の変化にともない服装にも気をつけたいところです。
    梅雨時には蚊に注意しましょう。夏が近づき気温も上がってきた曇りの日には蚊が大量に発生する所があります。少しでも刺されないための服装を心がけて下さい。
    夏の日差し対策に帽子は必需品ですが、付き添いのお母さんたちに注意してほしい点は首の後ろ側と手の甲です。下を向くから特に日に焼けてしまう箇所です。また、砂場付近にステンレス製の滑り台がある場合は日光の照り返しもキケンです。しっかりしたUV対策で遊びましょう。
    冬には砂がレイキも使えないくらいに凍ることもあります。夢中になってはいても、じっとしているから体は意外に冷えるんです。ジャンパーはもちろん、靴下、毛糸のパンツ、タイツ等で寒さ対策をして下さい。もちろん大人もです。


  • 蛇口のタイプで手洗いしづらいことも。
    手洗いの様子お砂場遊びの後には手洗いをすることは常識ですが、公園内の水道で最近よく目にする蛇口は、出しっぱなしを防ぐために一定時間で水が止まってしまうタイプ、ひねっている間だけ水が出るタイプのものです。そのようなタイプは蛇口が硬かったり、幼児が十分に手洗いをするには短時間すぎたりします。自宅ではちゃんと手洗い出来る子も公園では少し注意してお手伝いしてあげて下さい。話題になっているイヌ・ネコ回虫卵は手洗いで防ぐことが出来るのですから。

セントラル企画有限会社