砂場の清掃殺菌(サンドクリーン)

砂場の清掃殺菌
サンドクリーン


砂場から出た異物


ほのぼのギャラリー


砂場遊びの
注意点



会社概要


お問い合わせ

ホームに戻る

砂場の汚れには以下の二つの原因があります。
1.小動物または自然によるもの
●ペットの糞尿、それにともなう回虫卵等の細菌
●落葉や枝、木の根
2.人が持ち込むもの
●意図的に埋められた不法投棄のゴミ
●利用者が落としたお菓子等の包装
●イタズラによる危険物(ガラス等)

これらの異物を限りなく完全に取り除くために
私たちは機械に頼らない手作業による清掃、殺菌を実行しています。
機械による虫食い的な作業を行わないため、多少時間がかかってしまう場合がありますが、
満足のいく仕上がりをお約束いたします。

清掃及び殺菌方法
猫の足跡とフン
  1. あらかじめ異物のありそうなところを目で確認しておきます。
  2. 砂場表面〜中層までの異物を砂篩いで除去します。
  3. よく攪拌して砂中に酸素を入れ嫌気性陰性菌を殺菌し、砂を活性化させます。
  4. 攪拌しながら殺菌剤を満遍なく撒きます。
  5. 手撒きで砂場全面を殺菌します。
  6. 表面をきれいにならします。作業後はサラサラでふかふかの砂に生まれ変わり、悪臭もありません。

異物を常に目視
作業は常に異物を目視しながら行うため糞、ガラス等を粉砕せずに除去します。また糞や異物が見つかった場合はその付近を深めに掘り完全に除去します。

砂場の状態に合わせた丁寧な作業
砂が硬くなっている砂場は特に念入りに攪拌する、糞の多い砂場は多目に殺菌する、など砂場の状態に合わせて丁寧に作業します。
また遊具の影や複雑な形の砂場にも対応できる小型の攪拌機を使用し、さらに狭いところはスコップ、手撒きノズルによる手作業で砂場全体をムラ無く清掃殺菌します。
砂場清掃、砂場殺菌、砂場消臭、回虫卵、、落葉、子供、児童、幼稚園、公園

作業中
砂場内に捨ててあったCDの山
手作業にこだわるとこうなります↓↓↓
砂場全体をきちんと篩いにかけた様子がうかがえるかと思います。
表面上や機械に頼る清掃方法では、均一な山は出来ません。
ちなみにこの山、子供たちに『崩さないで!』とお願いされます。
糞が非常に多い砂場では通常以上の深さまで篩いを行うため、砂を一度外に出し、糞がそれ以上深くまで埋まってないことを確認したうえで篩いを開始します。 こうすることで作業中に糞を粉砕することなく残らず除去出来るのです。
            この砂場から出て来た異物はコチラ
砂場は表面から見ただけでは状況がわかりません。
作業前 一見キレイに見えるこの砂場(左)、実はこんなに糞が出てきました。(→) 出てきたフン ここで見られる茶色い部分は全て糞です。しかし、この砂場は決して特別ひどいというものではありません。

砂場の中から出てきた異物
砂場の汚染状況、使用状況は異物でわかります。


砂場遊びの注意点
実際の作業で出会った少し困った砂場と公園を例に気をつけて欲しいことを紹介します。
殺菌剤について

殺菌後、すぐに遊べる安全な薬剤を使用
殺菌風景を見物する子供達
使用する薬剤は各種殺菌用に特殊加工した水溶性殺菌脱臭剤で、2〜6ヶ月間、殺菌・脱臭効果を保ちます。一般食品関係、医療関係、環境浄化等で殺菌・漂白・防腐を目的として使用することができる薬剤です。
またハロゲン系の抗菌剤に見られるよな刺激性や、有毒ガスを発生することはなく、傷口や粘膜に適用されても無刺激で安全性が高く、取り扱いも容易です。しかも微生物の耐性もありません。

←こんなに近くで見物されても危険ではありません。
  ・・・多少濡れることもありますが。


作業終了を待つ子供たち、見物している大人たちに危険のないように・・・
清掃直後のサラサラふかふかの砂場を体験して欲しいから・・・
子供たちの『ふかふかぁ〜 (^o^)/』 の声が聞きたいから・・・
数ある薬剤の中から安全性・効力共に優れた薬剤を選び加工しました。


清掃直後の様子です。
子供たち、鳩の足跡でさえはっきり残るほど砂はやわらかくなっています。

価格:清掃方法等により異なるためご相談下さい。

セントラル企画有限会社